コラーゲンで素肌美人

動物性コラーゲン

原料によって大きく「動物性コラーゲン」とマリンコラーゲンの2種類に分けられます。「動物性コラーゲン」はここ数年、評判が良いとは言えないのが実情です。

「動物性コラーゲン」って?

牛

一つ目の種類として挙げられるのが「動物性コラーゲン」というものです。これはアニマルコラーゲンとも呼ばれ、牛や豚、鶏(おもにトサカ)などの動物の「たんぱく質」から抽出するものを指します。熱に強く、加工しやすいため、昔から多く用いられてきました。けれど、使いやすさがある反面、濃度を上げていくと独特の臭いが出てくることが欠点と言えるでしょう。しかも、「動物性コラーゲン」には脂質やカルシウムなどが含まれているので、どうしても純度が下がってしまいます。

スポンサードリンク

「動物性コラーゲン」が吸収される温度

牛や豚などの体温は37〜38℃で、平熱が36℃前後の人間よりも高いために、「動物性コラーゲン」は人間の体内では消化が遅く、吸収にも少し時間がかかります。一般的に私たちの体内に吸収されるときの温度は35〜43℃と言われています。目安としては、4〜5時間ほどの長い時間をかけて吸収されていきます。また、吸収する際には繊維の構造が複雑なため、分解しにくく、胃腸に負担がかかってしまうこともあります。普段、どれくらいの温度や速さで体内に分解吸収されていくのかなんて考えることはありませんよね。ですが、効率よく効果が出るようにするために意外と大切なことだったりするんですよ。

「動物性コラーゲン」って、安全なの?

以前はとくに牛から抽出したものが一番多く出回っていました。ところが、みなさんもご存じのように牛の大変深刻な病気の問題が起こったことで、2001年頃から牛の成分を使うことが厳しく制限されるようになってしまったのです…。以来、「動物性」から牛由来のものは消えてしまいました。今は主に豚や鶏から抽出されたコラーゲンが中心となっています。店頭などからも牛から抽出したコラーゲンが含まれているものはほぼなくなってしまいましたが、もし見かけたときには対策がきちんとなされているかどうか、必ず確認するようにしてくださいね。

「植物性コラーゲン」は「動物性コラーゲン」と違う?

大豆

「動物性コラーゲン」は動物性食品に多く含まれているのですが、カロリーが気になるという人もいるでしょう。それに上記の安全性問題などで、遠ざけている人が増えているのではないでしょうか。冒頭で種類は2つに分けられると書きましたが、実は3種類あるとされています。「植物性コラーゲン」と言われるもので、結構出回ってはいるらしいのですが、あまり目立っていないと思いませんか?それは…正確にはコラーゲンではないからというのが理由に挙げられます。そもそも動物にしかない成分です。なので、植物には含まれていません。では、なぜ「植物性コラーゲン」と呼ばれているのでしょう?あくまでも近い働きを持っている植物成分ということのようですね。このため、真皮にある組成も違います。ちなみに、働き自体は「動物性コラーゲン」も「植物コラーゲン」もさほど変わりはありません。「植物コラーゲン」は主に大豆から抽出されることが多いです。

ページの先頭へ