コラーゲンで素肌美人

コラーゲンの歴史

最近、美容・健康食品として注目を集めているコラーゲンはとても古い歴史を持っています。昔の人々も頻繁に利用していました。いつから人間によって使われるようになり、日本で普及し始めたのはどれくらい前のことなのでしょうか。

スポンサードリンク

コラーゲン利用の歴史

ボトル

人気は、何も今に始まったことではありません。人々はずっと昔からよさに気づいていたのです。昔はよく動物の皮を使って、服や日用品を作っていました。その皮の主な成分です。また、煮詰めることでゼラチンができます。そもそも、コラーゲンとは“膠(にかわ)をつくるもと”という意味になりますが、この膠がゼラチンなんですよ。歴史は、古代エジプトの膠造りから始まったと言っていいでしょう。当時は接着剤に多く用いられていたと考えられています。こうして、人々は大昔からの歴史を受け継ぎ、日常生活の中で利用していきました。そして、本格的に工業生産が始まったのは1690年のオランダでのことです。生産はさらに広がりを見せ、1700年代に入るとイギリスでは主要産業になりました。1800年代には、その製造方法がフランス、アメリカ、ドイツなどにも伝わり、完全に工業化されて今に至っているというわけです。お菓子や写真用フィルムの材料など様々な分野で利用されていますね。

日本でのコラーゲン利用

海外の国々に比べると、日本での歴史はまだごく浅いと言えます。日本で製造が工業化されたのは1900年代に入ってからのことなのですから…。では、どうしてこのように遅れをとってしまったのでしょう?その大きな理由として寒天の利用が挙げられます。日本では昔からゼラチンではなく、寒天を食用として使ってきました。寒天は、5000年以上も前から使われているため、日本人にはとても馴染み深いものとなっています。一方でゼラチンが取り入れられるようになったのは、約100年くらい前だと言われています。というわけで、今でこそ日本でも健康食品、化粧品、錠剤やカプセルなどの「医療用ゼラチン」…というように色々なものに利用されていますが、歴史を見てみると寒天にはかなわないんですね。ここで、ちょっと余談になりますが、コラーゲンと寒天の違いを見てみましょう。

寒天の違いは?

まず、常温で溶ける、動物性、カロリーがある、栄養がある…などの特徴が挙げられます。一方、寒天は常温で溶けない、植物性、カロリーがない、栄養がない…などまったく反対の特徴があります。

これからのコラーゲン

治療

ここ20年ほど前から、新しい利用方法の研究・開発が進められています。その新しい利用方法というのは、生体機能性材料(バイオマテリアル)として使うのです。この言葉を初めて聞いた人も多いと思います。バイオマテリアルは要するに身体機能の再生などの目的で使うこと…簡単に言うとこんな感じでしょうか。食品や化粧品よりも目にする機会が少ないので、あまりピンとこないかもしれませんね。例としては、やけどやキズの治療、手術時の止血剤などに用いられています。このほか、人工皮膚や人工骨、人工血管といったさまざまな人工臓器の研究もなされています。人工臓器が医療機関などで当たり前に利用される日が来るのも近いことでしょう。もし、そうなれば、よりコラーゲンの良さを生かせると思いますよ。これから、ますます新たな用途が増えていくのではないでしょうか。

ページの先頭へ