コラーゲンで素肌美人

コラーゲンの正体

私たちの体に欠かせないコラーゲン。体内だけでなく、食品や化粧品など…色々なものに含まれています。ですが、よく知らないことも多いのではないでしょうか?

コラーゲンって何?

ボトル

近年よく耳にする言葉ですよね。コラーゲン入りの化粧品や健康食品などが数多く発売されています。ほかにも人工血管、皮膚のシワのばし、コンタクトレンズ、火傷のカバー材料などいろんなものに使われています。私たち人間をはじめ、あらゆる動物の体内に一番多く含まれている「たんぱく質」の一種です。この「たんぱく質」は体の中で細胞と細胞のすき間を埋めている線維状のものです皮膚や筋肉、内臓、骨、関節、目、髪など全身のあらゆる組織に存在しています。人間の体は約20%が「たんぱく質」で、その3分の1はコラーゲンでできているとされています。「たんぱく質」は様々な食品に含まれている栄養素として知られていますが、もともとは「アミノ酸」がたくさんくっついたものなんですよ。

スポンサードリンク

コラーゲンの構造

構造

もとになっている「たんぱく質」をつくっている「アミノ酸」の種類は20種にも及びます。これらの「アミノ酸」は“ペプチド結合”というスタイルでそれぞれが結びついています。「アミノ酸」が2〜50個くらいつながったものをペプチド、それ以上つながっているものをポリペプチドといいます。「たんぱく質」は“アミノ酸配列順序”に従ってつくられていきます。要するに決まった種類の「アミノ酸」が決まった順序で結合していくという仕組みになっているのです。また、このような構造は3本の鎖が絡み合ったようになっていることから「3重らせん構造」と呼ばれているんですよ。ちなみに、ほかの「たんぱく質」と異なる特徴は水に溶けないという点ですね。ところが、加熱すると「3重らせん構造」が壊れてしまいます。この壊れた状態が私たちもよく知っている“ゼラチン化”となります。ゼリーや煮こごりが良い例と言えるでしょう。こうしてゼラチンの状態になったコラーゲンは人の口に入ると、体内で分解されたあと吸収されていきます。

大人と子供のコラーゲン

皮膚は表皮と真皮から成っています。表皮にはなく、真皮には線維の束があります。皮膚に含まれているほとんどは1型という種類です。このほか、多くの場合3型も1型とともに含まれています。3型は皮膚にできたキズなどが自然治癒するために役立つんですよ。これは大人の皮膚の真皮にある約10%を占めていることになります。一方、胎児の場合はその量が全体の約半分にも達します。新生児になると約20%に下がってしまいますが、それでも大人に比べてたっぷりのコラーゲンがあるから赤ちゃんの肌はプルプルなんですね♪10歳くらいまでのあいだに、大人と同じくらいの割合に下がっていってしまいます。

様々なコラーゲン

臓器によって、含まれている種類も異なることが様々な研究によって明らかになりました。分子にはいくつもの型があります。ここでは、その中からいくつかの型を取り上げます。今、一番研究が進んでいて、たくさんの量があり、色んなものに利用されているのは1型になります。


コラーゲン分子の型 分布している箇所
1型 皮膚、骨、腱などの組織
2型 軟骨
3型 皮膚、血管
4型 基底膜
5型 皮膚、胎盤、角膜、筋肉
6型 様々な組織
7型 皮膚、胎盤
8型 角膜デスメ膜、内皮細胞
ページの先頭へ